株式会社ハピネックス

東京都中央区日本橋小伝馬町16-5
新日本橋長岡ビル6階
TEL:03-5614-4311

JIS Q 27001:2014(ISO/IEC 27001:2013)

ISO27001内部監査員養成講座

開催日 終了いたしました。
時間 9:30~16:30(両日とも)※受講受付は9:15~
定員 24名
対象
  • ISO27001:2005年版での内部監査員研修を修了している方
  • 企業内で、ISO27001内部監査員として認定されている方
  • はじめてISO27001 内部監査員として活動する方

ISO27001:2013内部監査員養成講座「修了証」を発行します。

受講料

(税別)

お申込通常受講料
初回20,000円
リピート19,000円
団体18,000円
早割り17,000円

【通常受講料のご案内】

初回
(初めてお申込みいただく企業様)20,000円(税別)/人
初回とは:初めてお申込みいただいた方が受講される講座
リピート参加企業様リピート割
(ハピネックス主催の内部監査員養成講座をご利用いただいた企業様、
2回目のご参加から適用)19,000円(税別)/人
リピートとは:初回ご利用後、次開催講座からリピート割引適用
環境と品質、Pマークと品質等、別講座を同月受講の場合もリピート割引の対象となります
団体団体割
(1回の講座に3名様以上でご参加)18,000円(税別)/人
早割り早割
(参加講座開催月の3ヶ月前の月末までにお申込)
17,000円(税別)/人
初めてのお申込でも、お一人様から適用されます
例)2016年11月に開催される講座に参加する場合⇒2016年8月末日までに申込いただくと早割りが適用されます
受講料早割りサービスについて

【初回限定特別価格のご案内】

初回限定特別価格
「初回限定特別価格」は、既にハピネックス主催の内部監査員養成講座(ISO9001、ISO14001、ISO27001、プライバシーマークのいずれか)をご利用いただいている企業様は対象外となります。

初回限定特別価格利用時における受講料参考例(税別)

  • 受講人数が1名の場合 15000円
  • 受講人数が2名の場合 15000円+15000円=30000円
  • 受講人数が3名の場合 15000円×2名+20000円=50000円

お申込~受講までの詳細はお手続きの流れもご参考ください。

受講感想メールアイコン

受講者様よりお礼のメールをいただきましたのでご紹介いたします。

備考

携帯電話のご使用について
受講中はマナーモードに切り替え、教室内での通話・メールはご遠慮ください。緊急の場合、どうしても連絡が必要な場合等は静かに教室外に移動いただきロビーや廊下でご使用ください。
ロビーや廊下では大きな声での会話にご注意ください。
ご要件が終わりましたら速やかに教室にお戻りください。

最低催行人数について
内部監査員養成講座は最低催行人数に満たない場合(出席者が8名以下)講座の実施が不可能ですので開催を中止とさせていただきます。
ご了承ください。

クールビズ(夏季軽装)について
弊社主催講座では夏季における講師の軽装、ノーネクタイを実施しております。受講される皆様も軽装でお越しください。他セミナーやカフェ、映画館等で寒い(暑い)思いをされる方は温度調節のし易い服装(カーディガンや膝掛け、扇子やタオルの用意等)でお越しください。皆様のご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

問合せ

株式会社ハピネックス
TEL:03-5614-4311(平日9:00~18:00)
問合せフォーム(24時間受付/回答は翌営業日中となります)

ISO27001内部監査員養成講座プログラム

ISO27001取得の目的である、情報セキュリティの維持等を実現するためには、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)を企業自らが改善して行くことが必要不可欠です。この改善の担い手が“内部監査員”です。

  • 講師のわかりやすい解説を通して、ISO27001規格要求事項を理解いただきます。規格を理解いただくことによって、社内の情報セキュリティマニュアルや手順書が理解できます。
  • 内部監査員は内部監査を行う立場になります。効果ある内部監査を行うためにも「内部監査の進め方」の基本を身につけていただきます。
  • 実践的なケーススタディを2つ用意しました。演習を通して内部監査員として能力を高めます。

講座カリキュラム

9:30~16:30(途中、休憩・昼食挟む)

プログラム内容
オリエンテーション 内部監査の目的、内部監査員として身につけなければならない能力とは・・・
ISO27001:2013規格要求事項の解説
ISO27001:2013管理策の解説
  • 難解な規格を、わかりやすい日本語で説明します。
  • 専門用語やカタカナ用語を排除し、口語体の言葉で説明することで、ISO規格の理解度が格段に高まります。
  • 講師によるわかりやすい規格解説は、アンケートでも絶大なご評価をいただいています。

内部監査の概要

  • 内部監査の流れ
  • 内部監査の準備
  • 内部監査の具体的進め方(チェックリスト、質問のし方)
  • 不適合
  • 内部監査報告書・内部監査報告

ケーススダディ 1
ケーススタディの不適合の状況がどの規格に該当するかの演習を行います。

ケーススタディ 2:不適合箇所の指摘
ケース事例に基づき、不適合箇所を指摘

講座修了式(修了証の授与)

講師紹介

講師:内田正紀1976年慶應義塾大学経済学部卒業後、シャープ(株)入社。在職中に、中小企業診断士・社会保険労務士の資格を取得し、1990年独立開業。中小 企業のISOおよびプライバシーマーク取得コンサルティングを早期から手がけ、コンサルティングファームを結成。500社を超える中小企業に対して指導を 行ってきた。現在、株式会社ハピネックス代表取締役。

  • ハピネックス講座(受講風景_1)
  • ハピネックス講座(受講風景_2)
  • ハピネックス講座(受講風景_3)
  • ハピネックス講座(受講風景_4)

内部監査員養成講座 受講感想のご紹介

参加者の感想をご紹介

※掲載許可を頂いたお客様のみ掲載しております。

  • 匿名 様詳しい用語説明と数々のロールプレイにより監査の準備と考え方がまとまってきたかと思います。これからISMSの取得に向け、事務局とも連携しながら、活動していきたいと思います。
  • ジェイティエンジニアリング株式会社 様テキストの解説パートが理解促進に役立った。
  • 匿名 様説明は分かり易かったですが、規格の説明をもっと増やして欲しかったです。例えば1日もう1hずつ増やすとか。
    改めて監査員についての勉強をさせていただきました。ありがとうございました。
  • 匿名 様演習が多かったため、理解の助けになった。また、2日間楽しくできた。セミナーの後は「はぁ~終わった・・・」という気分になるものだが、今回は「明日もまた勉強してみよう」という気分である。
  • 匿名 様2013要求事項と管理策が頭の中で混在してしまい、ケーススタディ時の不適合抽出項番で迷ってしまった。全ては全体構図の理解がとぼしかったからだと思うが、これらも上手に理解出来る方法を習得したいと思う。
  • 匿名 様規格の分かりやすい説明と内部監査の方法についてのアドバイスがよかった。
  • 匿名 様内部監査のケーススタディが実用的でよかった。
  • 匿名 様ケーススタディなど演習がわかりやすくて、自分の理解度を確認できた。
  • 匿名 様演習の際に話されていた内部監査のコツがとても参考になりました。
    前に受けた内部監査員研修で言われていた注意点を思い出せました。(自分の意見や思い込みではなく、事実のみを見ること)今後、ISMSの活動を進めるにあたって参考にさせていただきます。
ページのトップへ戻る