株式会社ハピネックス

東京都中央区日本橋小伝馬町16-5
新日本橋長岡ビル6階
TEL:03-5614-4311

JISQ15001:2006 規格要求事項解説

3.9 事業者の代表者による見直し

(解説)

最後の要求事項、社長の責務です。

個人情報保護マネジメントシステムは一回仕組みを作ったらそれで終わりではありません。常に見直しをしてください。そして、見直しをする場合には、a)~g)までの内容をきちんとインプット情報として参考にしてください。

  • 監査及び個人情報保護マネジメントシステムの運用状況に関する報告を参考にしてください。
  • 苦情を含む外部の意見を参考にしてください。
  • 前回のフォローアップ、これを参考にしてください。
  • 法律の改正、これも参考にしてください。

こういったことを参考に「社長は個人情報保護マネジメントシステムを定期的に見直しをしなさい」という要求事項です。ですから「規格に適合する為に当社は毎年、何月にこういう内容をインプット材料として、事業者の代表者による見直し、マネジメントレビューを行うことをルールとして定める。」というのが現実的な対応かなと思います。

以上、簡単にですがJIS Q 15001の規格要求事項について解説をさせていただきました。
今後もハンドブック代わりにご利用いただき、規格要求事項の理解に役立てていただければ、幸いに思います。


戻る(3.8)

規格要求事項解説

ページのトップへ戻る