株式会社ハピネックス

株式会社ハピネックス
東京都中央区日本橋小伝馬町16-5新日本橋長岡ビル6階
TEL:03-5614-4311(平日9:00~18:00)

HOME > 運用サポート

運用サポートのご案内

ISOマネジメントシステムは経営者のための経営ツール

ISOのマネジメントシステムは、経営者が経営のために活用する“経営ツール(道具)”の1つです。

このツールを活用して、会社が抱える課題を克服したり、お客様の期待に応えて顧客満足を高めたりなどして、業績向上を図ることが本当のISOを認証取得する目的なはずです。

ISOを認証取得するきっかけは様々ですが、その多くは“顧客からの取得要求”や“入札要件”など、取引上必要に迫られたことによるものであると思います。(実際に、弊社へ取得のご相談をくださる企業の約9割はそうです。)

そのため、経営者が自ら進んでISOを活用しようと言うのではなく、取引上必要だから仕方なくやっている、という残念な状態になっている企業が多いことを感じています。

運用を管理責任者へ押し付け、経営者がほとんど関与しないという、ある意味の“パワハラ”とも言える状態な企業も見かけます。

本当にそのようなことで良いのでしょうか。

なぜ、取引先がISO認証取得を取引条件にしているかと言えば、“きちんとした組織としての仕組みが会社にあり、こちらの要求にしっかりと応えてくれる仕事をしてくれる会社”と取引きしたいからです。

そうであるならば、その期待に応えることが経営者には必要です。その義務があります。

認証取得することになったきっかけは何であれ、取得することを決定したのは経営者自身であるはずです。

それを運用の全責任を管理責任者へ丸投げし、我関せずな経営者は、経営を放棄していることと等しいと断言します。

そこまで言うと、“ISOはISO。会社経営はしっかりやっている。”と反論を受けることがありますが、それは違います。

冒頭に申し上げた通り、ISOのマネジメントシステムは“経営ツール”なので、ISOと経営は別ではなく、一体なのです。一体でなければならないのです。

一般的にツールには取扱説明書(取説)がありますが、マネジメントシステムの取説は「規格書」です。

ツールは取説を読まなくても一通りは使えるかもしれませんが、使いこなすためには取説をよく読んで理解することが必要です。

マネジメントシステムをどう使うかよく分からない方は、ISOの「規格書」をよく読んでみてください。何が必要なのか、なぜやらなければならいのかが分かります。

規格書は規格用語が多く読んでも分からないという方は、是非弊社へご相談ください。

御社の実態に合わせて、規格用語を使わずにツールの使い方をご説明します。

経営者が何もしてくれないと嘆いている管理責任者の方々、愚痴を弊社へ遠慮なく吐き出してください。経営者を巻き込むための秘技を伝授します。

運用サポート申込みボタン

特別開催

内部監査員養成

認証取得支援

運用支援

お知らせ

ページのトップへ戻る