株式会社ハピネックス

株式会社ハピネックス
東京都中央区日本橋小伝馬町16-5新日本橋長岡ビル6階
TEL:03-5614-4311(平日9:00~18:00)

HOME > 運用サポート > ISO取得Q&A

ISO取得Q&A

Q1.ISOの取得は難しいですか?

A1.難しいことは何もありません。

規格の言葉が難しいので、ISOが難しいものだと思いやすいですが、規格は当たり前のことしか言っていません。
今の本業のお仕事がベースなので、特別難しことをしないとISOが取得できないという訳ではありません。
いま行っている業務を規格に当てはめ、もし足りない部分があれば、それを付け足すだけでマネジメントシステムは出来上がります。
弊社では、コンサルタントが現状の業務内容をお聴きして規格に当てはめ、必要な文書を作成します。不足していることは、新たなルールとして作りますが、一方的に押し付けるのではなく、ご相談しながら一緒に作り上げていきますので、ISOのためだけになるような無理、無駄なことはさせません。

Q2.ISO専任の担当者がいないとダメですか?

A2.大丈夫です。

多くの企業様が、兼任の形でISO認証取得活動に取り組んでいらっしゃいます。
“ISOを取得する”という新しい活動となるので、当然そこにはパワーが必要となりますが、本業に支障をきたすようでは、ただただ辛いだけです。
弊社では、コンサルタントが現状の業務内容をお聴きした上で基本的な文書類を作成してご提供しますので、文書作成に大変な手間が掛かるということはありません。
そのため、兼任であっても大きな負担にはならないようにご支援しますので、専任である必要がありません。

Q3.ISOをやると書類が増えて大変って聞きますが?

A3.そのようなことはありません。

確かに「ISOをやったら書類が増えて大変!」ということをよく耳にしますが、それは間違った規格の解釈によって、必要のない文書や記録まで作ってしまったからです。
どこまで文書を作るか、規格は何とも言っていないので、何をどこまで作るかは自分たち次第です。
弊社では、規格を熟知した現役審査員が支援しますので、ISOのためだけの文書や記録を作ることなく、“自分たちが仕事をするために必要なもの”だけに絞って作ります。
規格はもともと当たり前のことしか言っていないので、規格が要求している文書や記録は、現状でもほとんど揃っているはずです。そうでなければ、現時点で事業が成り立っているわけがないですから。
とは言え、国際規格に現状の業務を当てはめると、内部監査の実施など多少なりとも不足していることはあるかもしれません。
その不足しているところは、新たに文書や記録を作ることになりますが、びっくりするほど増えるということはありません。

Q4.起業して1年ほどで社員も2名の会社ですが、ISOを取れますか?

A4.取れます。

組織の規模や業種を問わないのがISOの認証取得ですので、何ら問題はありません。
認証審査を受けるには、最低3ヶ月のマネジメントシステムの運用実績が必要ですが、事業年数は問いません。
小規模組織には、小規模組織としてのマネジメントシステムがあります。
弊社では、2名であれば2名で運用できるマネジメントシステムの構築をご支援しますので、無理なくISOを取得していただけます。

Q5.ISO9001とISO14001など、複数の規格を同時に取りたいのですが、出来ますか?

A5.出来ます。

ISO9001とISO14001、ISO9001とISO27001、ISO14001とISO45001、ISO9001とISO14001とISO27001など、2つ以上の規格を同時に認証取得することができます。
規格ごとに別々の審査を受けるより、審査日数や審査費用の面でも、同時に受審したほうが断然お得ですし、負担も少なくなります。
仕組みづくりに関しては、規格は違っていても、マネジメントシステムとしての基本構造はどの規格も同じです。
重複する部分は1つにまとめるので、2つの規格を取るからと言って、文書や記録が2倍になるわけではありません。
弊社には、複数規格をまとめて1つにしたマネジメントシステムの構築ノウハウがあるので、シンプルな仕組みを作って、無理なく同時認証取得をご支援します。
制度が違うので審査は別々になりますが、ISO27001とプライバシーマークを一緒にしたマネジメントシステムの構築も可能です。

ISO取得の相談申込みボタン

特別開催

内部監査員養成

認証取得支援

運用支援

お知らせ

ページのトップへ戻る